「幻想曲G」”Fantasia G”

1937年生まれ80歳の後期高齢者、こんな年寄がフルオーケストラのスケールの大きな曲をパソコンで作り、ステレオ装置で聞くなんてことを夢見ている、夢ではなくて単なる幻想にすぎないのでしょうが。 キーは「Gマイナー」ですが曲名の「G」は「爺」のことです。
自らティンパニーを敲いて轟かせたいジジイの幻想曲です。

I was born in 1937, 80 years old now, such an old man dreams of making a large scale orchestral music using a personal computer and listening to it on stereo equipment. It is not only a dream but maybe a mere fantasy.
The key is “G minor”, but the “G” in the music title stands for “G” of “grandfather”.
This is the old man’s fantasia of beating the timpani by himself.

コメントを残す

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ